こだわりの木材。大自然の息吹。ほっとするやさしい住まい。橋本建設の自然素材の家。

呼吸する家 通気断熱WB工法

高気密高断熱の家、本当に大丈夫? 大事なのは「住まいの風通し」

夏涼しく冬暖かい家。四季があり1年を通して気温の差が激しい日本ではそれは理想の家と言えます。
そのような中で登場したのが高気密高断熱住宅です。家の気密性を高める事で冷暖房の効率を良くし、寒さや暑さを解消する工法は話を聞く限りは理想の工法とも思えます。しかしこの工法には大きな問題がありました。高温多湿の日本の気候の中で、高気密であるがゆえに結露が発生しやすく、カビ・建物の劣化を引き起こす。さらには化学物質がこもってしまいシックハウス症候群の原因にもなってしまう…。外界と室内環境を遮断する高効率の家は決して住む人にやさしい家とは言えないのです。
本当の意味でいい家をつくりたい…。そこで橋本建設がたどりついたのが、自然の風通しと建物本来の調湿作用を最大限に利用する通気断熱WB工法。1300年の歴史を誇る日本の木造建築の技術と、あたらしい発想を融合させた次世代工法です。
Copyright 2019 Hashimoto Kensetsu Co.,Ltd. All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.